レストラントピックス

主催:センチュリーロイヤルホテル
協賛:北海道昆布漁業振興協会(事務局:北海道ぎょれん)
後援:北海道、北海道昆布事業協同組合


昆布だしの魅力を再発見!
春のお祝いは幸せ食材「喜こんぶ」で。

日本で食べられる昆布の約90%が北海道産。古くから縁起の良い食べ物として、お祝いの席で用いられてきました。
地産地消をテーマに北海道を応援しているセンチュリーロイヤルホテルでは、この春、2019年、2020年に続き3回目となる「喜こんぶフェア」を開催いたします。今年は、昆布だしを使った“飲む茶碗蒸し”や、道内各地の昆布だしの食べ比べが楽しめるジュレなど、和・洋の調理長が新たな昆布料理を創作いたしました。
うまみやその減塩効果から世界的にも注目されている「昆布」の魅力をたっぷりとご堪能ください。

北海道漁業協同組合連合会
代表理事専務 安田 昌樹
日本の「食」を支える北海道の昆布

北海道は、全国の水産物漁獲量の約1/4を誇る水産大国。中でも昆布は90%以上は北海道産であり、北海道の第一産業を支える非常に重要な漁業です。
昆布は減塩効果や免疫力アップなどの効果が期待され、体に優しい食材でもあります。是非、この機会に北海道の昆布ならではの「うま味」をご堪能ください。

北海道昆布の魅力がいっぱい!喜こんぶロビー展【観覧無料】

北海道の昆布についてご覧いただけるパネル、北海道の代表的な昆布の原藻を展示。
昆布が持つ様々な魅力をお楽しみください。

開催期間 2021年3月1日(月)〜4月30日(金)
開催場所 センチュリーロイヤルホテル 2Fロビー
主催 センチュリーロイヤルホテル
特別協力 北海道昆布漁業振興協会(事務局:北海道ぎょれん)

ページの先頭に戻る